クアラルンプール3日目

クアラルンプール3日目は深夜便で帰るので実質最終日。

ホテルのチェックアウト後、荷物を預かってもらい、まずKLセントラル駅から近い「レイク・ガーデン・パーク」という公園に行ってみることに。

地図上ではすぐそばにあるのに行き方が分からず。。もちろん案内表示板もない。公園の方角は自信あったので強引に行ってみることに。マレーシアは全体的に言えるのがとにかく横断歩道が少ない。何車線もある道路を渡らなければいけない。現地の人もそうしてるし。

何とかたどり着き行った感想は、名前の通り大きな池がある公園でした。でも敷地はかなり広かったです。

そこから歩いてクアラルンプール駅へ。この駅は英国風の建築様式で観光名所の一つにもなって、外観はもちろん駅の中もとても美しい感じでした。

電車に乗りチャイナタウン近くの駅で下車。反対側には大きなモスクがありチャイナタウン方面へあるくとセントラルマーケットがあったのでちょっと立ち寄ることに。おっきなお土産屋さんっていう感じです。

ちょっと休憩をした後、チャイナタウンをぶらっとしてホテルに荷物を取りに戻りました。

 

今回ものすごい距離を歩き、ものすごく汗だくでした。でも日本の寒いのに比べると全然マシ。格安で暑い国に来れただけでも充分価値ありました。

クアラルンプール2日目

クアラルンプール2日目はまずブキッ・ビンタンへ。

KLセントラルからモノレールで乗り換えなしで行けました。

ブキッ・ビンタンは若者がショッピングしに行くエリアと聞いてて、特に買い物する予定はなかったのですがどんな感じか見てみたくて。アロー通りの屋台街も夜は賑わうそうなのですが、昼間は人も少なかったです。

そしてパビリオンというショッピングセンターへ。ここもKLセントラルの新しいショッピングセンターに負けず旧正月の飾りがすごかったです。ここは敷地面積も広く、6階には「TOKYO STREET」なるエリアもありました。現地の人に人気なのかどの店も人がいっぱいでした。

パビリオンの裏手からKLCCまで歩いて行くことに。

KLCCに何があるかというと。。そうです!ペトロナスツインタワーが!

これまでも遠くから見えてたのですが、真下で見るととても圧倒されます。もちろん登る。。と言いたいところなのですが、予約制って聞いてて予約の仕方が分からず今回は見送ることに。次回のお楽しみということで。

日中はシルバー色でこれまたキレイなのですが、このツインタワーはやっぱり夜のライトアップがとてもキレイ!前日の空港からの電車の中から見えた時は感激しました。

 

つづく。。

 

クアラルンプール1日目

マレーシアの首都クアラルンプールへ行ってきました!

2回目です。前回は仕事で行き、その時はあまり観光できなかったので今回はリベンジです。

特に計画はしてなかったのですが、たまたま旅行サイトでLCCがめちゃくちゃ安かったので思わずポチってしまいました。だから3泊4日の一人旅です。

しかしそこはやっぱりLCC。。前日に出発が2時間遅れると事前に宣言。理由はよく分からないがLCCだから仕方ないのかと。

17時着が19時着でホテルに着いたのが21時すぎとこの日は結局何もできず。

今回もホテルはKLセントラル宿泊。空港から乗り継ぎなしで直通。

マレーシアのホテルはとにかく安い。今回も一泊朝食なし2,500円程度。駅も近いし、wifiも付いてるし、シンガポールだったら7~8,000円、日本でもこのタイプなら6~7,000円はするのではないかと。

前回来た時、まだ工事中だったショッピングセンターが完成しておりKLセントラル駅とホテルの行き来が便利になってました。

旧正月前ということもあり、このショッピングセンターの中は派手にデコレーションされており巨大な干支のオブジェ?みたいなものもありました。もちろん駅やホテル、街中がお祝いの飾りできれいでした。

 

つづく。。

ソウル4日目

ソウル4日目最終日。

前日はサムギョプサルの後屋台に行って調子にのって飲みすぎてしまい若干の二日酔いと疲労が。。

韓国ドラマで屋台でチャミスルを飲むシーンをよく観てたので、そういう雰囲気と意外に屋台メシが美味しくてついついお酒が進んでしまいました。

でも最終日なのでチェックアウトまで寝るのはもったいなくそこはがんばって出掛けました。夕方の便なのでお昼までの行動。

時間が中途半端なのでホテルから歩いて行ける景福宮へ。初めて来たと思いきや、何か見たことある風景と思い記憶をたどると、1999年のときに来てたような。。まぁでも初めて来た感覚で再観光!歴史のあるところなので一度は来たほうがよい場所だと思います。僕は2度目でしたが(笑)

お昼はここから歩いて行ける「サムゲタン」の名店土俗村へ。いつもは長い行列ができるみたいなのですが、比較的早めに入れました。

実はサムゲタンは初体験。あっさりした味で想像してたものとちょっと違ってたけど美味しかったです。

そのままホテルに荷物を取りに行き空港へ。

今回のソウル旅行は明洞、東大門、南大門といった有名どころに行けてなく、これらも前回の10年前と変わってるだろうから次回は是非行こうと思ってます。

ソウル3日目

ソウル3日目はドラミアへ。

ドラミアとは日本でいう京都の映画村みたいなもので、韓国の時代劇のセットが組まれ撮影も行われてるところです。

僕は韓国の時代劇はあまりみないのでさほど興味がなかったのですが、友達がどうしても行きたいというので行くことにしました。

とは言うものの、このドラミアの場所がソウル市内からかなり離れたとこにあるし田舎のほうにあるため高速バスと路線バスを乗り継いでの移動。昨日の水原と比べるとかなり難易度が高いです。

これまた読めない、話せない、聞けないの日本人だけでの移動。けど結果的にスムーズに行けました。もちろん不安でいっぱいでしたが。。日本でも見知らぬ土地の路線バスはドキドキものなのに、ましてや韓国。今思えばなかなか貴重な体験でした。

さて目的のドラミアですが、意外と観光客が少なく写真も純粋に建物だけを撮ることができました。セットもなかなかリアルに再現されており、時代劇にあまり興味なかった僕ですら来てよかったと思いました。

そしてたまたま何かの撮影をしてて、それを生で見ることもできました。

行きはかなりの渋滞でしたが、帰りはスムーズに帰れました。

この日の晩ご飯は「サムギョプサル」。

日本で食べる味と同じでしたが、本場ということで。。

 

つづく。

ソウル2日目

ソウル2日目は水原(スウォン)華城へ。

日本人だけでガイドブック見ながらソウルから電車を乗り継いで水原まで移動。誰もハングルなんて読めないからアルファベット表記を頼りに無事に電車の乗り換えができた。

あと困ったのがお昼ごはん。どの店に入っていいか分からないし、せっかく韓国来てるのにファーストフードは避けたいし。。たまたまお店に貼ってあったクッパのポスターを指差して注文。無事に料理が運ばれてきて一安心。会話がまったくできない僕らにご飯とキムチのおかわりを勧めてくれてめっちゃ感激!

お腹いっぱいになったところでいざ華城へ!

水原華城とは李朝22代国王、正祖が周囲5.7kmの城を築き都を移そうと建設されたもので、石材とレンガを併用した城郭と建築物が修復・復元工事がなされ現存している。

今回はその城郭をおそらく3時間近くかけて歩いて一周しました。

逆回りをしている他の観光客とすれ違い、なかなかの見ごたえのある建築物を写真に収めながら良い時間を過ごしました。

この日の晩ご飯は「豚足」。

豚足と言えば足の形をしたものが出てくるのかと思いきや、そんな感じのものではなく、臭みもまったくなく普通の肉ってな感じで美味しかったです。

 

つづく。。

 

ソウル1日目

今回は3回目のソウル旅行です。

初めて行ったのが1999年、2回目が2006年なので今回は10年以上ぶりです。

2回目の時はそんなに感じなかったのですが、今回は10年経ってるということもあって街並みなど随分と変わってて初めて訪れるような感覚でした。そして空港からバスかタクシーだったのが、電車でソウル市内まで行けるようになり電車派の自分としては良かったです。

これまで海外は何度も行ってますが、今回海外旅行で初めてのアクシデント。僕のGalaxyが突然真っ暗に。。電源長押ししても何しても立ち上がらず。里帰りして緊張してるのか?いやいやそんなことより立ち上がってくれ!という願いも通じずとりあえずホテルへ。

このままでは友達と連絡とれない。。simカード出したくても針みたいなものもない。。たまたま持ってたつま楊枝でちょっとだけ開いたのがよかったのか電源が立ち上がってくれた。そしてすぐに友達に連絡を。

初日に変なエネルギーを使ってしまい、お腹もペコペコ。

晩ご飯は初めて食べる「コプチャン」という牛の小腸と野菜の鍋。これがめちゃくちゃ美味しい!鍋のシメはキムチチャーハン。これもまた最高の味!

これは日本でも食べたい!

つづく。。

 

 

福岡旅行

2泊3日で福岡に行ってきました!

1日目は天気も良かったので博多駅を出て天神まで歩いて行きました。

その前に博多駅近くのとんこつラーメン屋でお昼ごはん!麺はバリカタもちろん替え玉も!

お腹も一杯になったところでキャナルシティに行きました。建物内をぶらっと歩いた後、下の噴水前でやってたショーを見学してキャナルシをあとにしました。

まだ屋台が出ていない川沿いを歩き天神へと歩いていきました。

天神で買い物して、晩ご飯は絶対食べると決めてた「もつ鍋」!

スープは迷ったけど無難にしょうゆ味。めちゃくちゃ美味しかった!

2日目も天気が良くこの日は電車に乗って太宰府天満宮へ。

駅を降りてお店やお土産屋の通りを歩いて入口へ到着。そこから池にかかる橋を渡って境内に到着。お参りをしておみくじを引いて宮内をぶらり散歩。

帰りも土産屋の通りを戻り、帰りに絶対食べようと思ってた梅が枝餅を買ってその場で食べました。できたてアツアツは最高でした!

天神に戻り、この日の晩ご飯は「水炊き」!

2日連続鍋でも今日はあっさり系の鍋。鶏のダシが絶妙でこれもめちゃくちゃ美味しかった。

最終日は午後の新幹線だったのでお昼はこれも一度食べてみたかった「ごぼう天うどん」。九州の醤油は甘めでうどんの麺は柔らかめで自分好みのうどんでした。

 

福岡はやっぱり食べ物がうまい!

絶対にまた来てみたいところでした!

タイ⑥

船が出発する前に、お金を払ったさっきのおじさんに「ライフジャケットを着ろ」と言ってきた。

なんで着る必要があるんだ?今日べつの船乗ったときはこんなの着なかったんだけどな、、、?

と少し不安になる。友人のYくんはライフジャケットを着せられて、死ぬほど不安になっていた。この時すでに何かを感じ取っていたのかもしれない。

船が走りだした。
やっぱり気温が高いのでボートは気持ちが良い。
ライフジャケットを着せられたことて少し不安はあったけど、僕的には逆にそれが冒険心を煽って楽しかった。
もしかして、ボートも小ぶりだし、狭い洞窟などに入って仏像を見に行くのでは?などと妄想も広がった。

 

しばらく進むと、チャオプラヤー川のような大きい川と違って、生活感あふれる水路を進みだした。

しばらく用水路のような場所をひたすら走った。

15分程走ってもあまり景色は変わらない。
以前として両端に民家が立ち並ぶ道を、ひたすらボートはガイドもなく走るだけ。

そしてボートは何もおきないままかれこれ40分程走っていた。

そして知らない船着場でボートは止まった。

長過ぎる、、、
タイまで来て俺ら何やってんだよ、、、

 

まぁこれも旅の思い出だと自分に言い聞かせタイ旅行が終わった。

 

 

 

タイ⑤

王宮からワット・ポーまでは歩いても10分もかからない場所にあるらしい。
歩いてワット・ポーに向かっているときに、マンゴーが串に刺されて売っているのを見つけたので買うことにした。

「じゃんけんで負けた人が払おう」ということになり、友人とじゃんけんをすることにした。
すると、

「アレ、ソレもしかしてジャンケンですか?」

とカタコトの日本語でタイの人に話かけられた。
日本語だ!と思い、すぐに聞き返した。

「あれ?日本語話せるんですか!」

??
「少しだけ話せマス。
ワタシは名古屋にガールフレンドがいるデス!」

それを聞いてめちゃくちゃテンションがあがった。
思わず3人で「おおおーーー!」と感嘆の声を上げてしまった。

すごい!!まさかここに来て日本の地名を聞くことになるとは!!

トゥクトゥクに乗り込んで船着き場まで移動。
運転がめっちゃ荒くて、車との距離がギリギリまで狭いところを走ろうとするから、めちゃくちゃ怖かった。しかもスピードも速い。

船着場に着いてトゥクトゥクを降りると、厳ついおじさんが僕らに近づいてきた。
そのおじさんは船の受け付けの人らしく、まくし立てるようにしゃべりながら、僕らに手をだしてきた。

どうやらさっそく金を出せということらしい。なんかめちゃくちゃ態度悪いな
とりあえず1人約5000円ずつを払った。

船を見ると客船などでなく、ボートのように小ぶりなものだったので、少し不安になった。

まあだけど特別な場所に行くのだから、小ぶりの船じゃないとたどり着けない場所にあるのだろう。
なにせ9つの顔を持つブッタがいる特別な場所なのだから。

つづく。。