タイ⑤

王宮からワット・ポーまでは歩いても10分もかからない場所にあるらしい。
歩いてワット・ポーに向かっているときに、マンゴーが串に刺されて売っているのを見つけたので買うことにした。

「じゃんけんで負けた人が払おう」ということになり、友人とじゃんけんをすることにした。
すると、

「アレ、ソレもしかしてジャンケンですか?」

とカタコトの日本語でタイの人に話かけられた。
日本語だ!と思い、すぐに聞き返した。

「あれ?日本語話せるんですか!」

??
「少しだけ話せマス。
ワタシは名古屋にガールフレンドがいるデス!」

それを聞いてめちゃくちゃテンションがあがった。
思わず3人で「おおおーーー!」と感嘆の声を上げてしまった。

すごい!!まさかここに来て日本の地名を聞くことになるとは!!

トゥクトゥクに乗り込んで船着き場まで移動。
運転がめっちゃ荒くて、車との距離がギリギリまで狭いところを走ろうとするから、めちゃくちゃ怖かった。しかもスピードも速い。

船着場に着いてトゥクトゥクを降りると、厳ついおじさんが僕らに近づいてきた。
そのおじさんは船の受け付けの人らしく、まくし立てるようにしゃべりながら、僕らに手をだしてきた。

どうやらさっそく金を出せということらしい。なんかめちゃくちゃ態度悪いな
とりあえず1人約5000円ずつを払った。

船を見ると客船などでなく、ボートのように小ぶりなものだったので、少し不安になった。

まあだけど特別な場所に行くのだから、小ぶりの船じゃないとたどり着けない場所にあるのだろう。
なにせ9つの顔を持つブッタがいる特別な場所なのだから。

つづく。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です